社会復帰するには、規則正しい生活と体力を取り戻す必要がある。

というわけで、一週間ほど前から午前の生活の改善を試みている。

 

結果、最初の二日は何とかなっていたが、午後が辛い。

午前に全力を出しすぎたせいか、午後はダウン状態で調子が悪い。

 

おかげで三日間、半日寝込むはめになった。

相変わらず加減ができない性質が顔をのぞかせている。

一日の生活リズムを整える。

一気には厳しいだろうから、まずは午前だけ。

 

十一時に寝て、六時半に起きる。

起きたらニ十分ほど散歩をして、帰宅の後、朝食を作る。

食事が終わったら、部屋の掃除。8時ごろより自習をする。

 

先週の木曜日から始めた試みで、今日で一週間が経過した。

最初の二日は何とかなっていたのだが、午後が辛い。

ぶっ倒れるように床に寝転がって、死んだように過ごしている。

 

午前の自習が原因だろう。

一度集中して取り組むと、物事をやり続けようとする。

 

物事をやめる区切りとして時間を定めているが、守れない。

 

時間内に目標が達成できないと、終わるまでやろうとする。

時間内に目標達成すると、すぐに次の目標を定めて走り出す。

手を止められるのは、時間ちょうどに目標がきっちり達成できた時くらいだ。

 

物事を終わらせる事から、物事を集中して続ける事に目的がすり替わっている。

続けることが目的だから、達成感がなく、いつまでたっても苦しいまま。

終わりがない。終わりに出来ない。

 

それでもそのままだというのはいやだ。

できるところから調整していこうと思う。

集中を解くためには、気を散らせる手段が必要だ。

 

気を散らせるには、集中癖より強い自分の性質を利用しようと思う。

僕は手におえなかったり、面倒くさいと感じると止めて投げ出す傾向がある。

だから集中しすぎた時は、たくさんの何かを同時に始めればいい。

 

 

今日から早速試してみよう。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。